ゴルフで100を切る ゴルフ・ラウンドログカード

ラウンドを記録したら5打以上縮まる可能性があることがわかった!

投稿日:


先日、箱根湯の花ゴルフ場にてコンペに参加してきました。
このゴルフ場、2回ほどラウンドしたことがあるんですが、距離は短いので良いスコアがでるかと思いきやグリーンやグリーン周りが難しいので、なかなか思い通りにいきません。

で、今回は特にグリーンが硬く、かなり早かったので4パット1回、3パット3回とグリーン上で苦戦しましたが、アプローチが良かったのでなんとかまとまりました。

スコアはまあまあ

Par71のこのコースですが、ベスト87のワタシの実力でスコア92なら合格点でしょう。
でも、今回のラウンド、どこがダメでどこが良かったのか記憶で振り返ってみます。
まず悪かったのはパッティング。
今回のグリーンが異常に早く、傾斜と芝目が複雑で40cmのパッティングも外すこともありました。
あとはいくつかアプローチでのミスがあり、最終ホールでのFW7のショットを2回連続でミスしました。
あと良かったのはアプローチがピン1.5m~80cmまで寄ったのが4つくらいありました。
やっぱりうれしいショットは覚えていますね。
ざっと思い返すとこれくらいのミスと良いところがありました。

実際のラウンドを記録で振り返ると

では実際のラウンドはどうだったのかラウンドログカードに記録したものからラウンドを見ていきましょう。
まず、ラウンドログカードに付いた×印(ミス)を見てみます。

3番 3打目 52度 ショート
6番 2打目 52度 ショート
10番 3打目 52度 ショート
11番 3打目 52度 ショート
13番 3打目 52度 シャンク
16番 2打目 52度 ショート
18番 2打目 7W トップ
18番 3打目 7W トップ

・・・・書き出していたらイヤになりました。汗
スコアが92だったので、まあまあなラウンドかとおもいきや、ひどい失敗続きのラウンドだったのです。

52度でのアプローチで6回もミスしています。
しかも13番のシャンクを除けば同じような短い距離でのちゃっくりやざっくりです。
これは距離が短いのでやさしく打とうとして、手前のラフに食われてボールがほとんど飛ばないミスです。

得意の52度でこんなにミスしているとは思いませんでした。
これが、記憶と記録の違いです。

次は良かったショット。
ここで良いショットというのは意図した通りにできたショットのことで、結果オーライのショットは含みません。
林からの脱出や簡単なレイアップのショットも意図通りに打てたとしても良かったショットには含めていません。

2番 3打目 7W 
4番 2打目 9I ピン1.5m パー
5番 3打目 52度 ピン1m パー
7番 3打目 52度 パー
9番 3打目 52度 ピン80cm
11番 4打目 52度
12番 2打目 8I
15番 3打目 52度 ピン80cm パー
17番 2打目 7I バーディ

やはり52度でのアプローチが良かったのがわかります。
上手くいったショットはうれしくて覚えているもんなんですね。

記憶より記録


やっぱりラウンドの記録は大切です。
×印(ミス)は改善できる項目、つまりスコアを縮めるチャンスを見つけたと同じこと。
ニヤリ。と、喜ばなければいけません。

今回のラウンドを振り返ると5打以上スコアを縮められた可能性があったわけです。
ワタシの場合、1ラウンドで同じミスを繰り返している傾向があります。
この時もそうです。
ラウンドログを取って、ラウンドを分析したら自分の弱点がわかった。
同じようにアプローチでのミスを繰り返しています。

一度ミスをしたら、ラウンド中同じミスを繰り返さないように心がけないといけませんね。

次のラウンドはホームコースでの月例協議会です。
今回の教訓を糧にハンディを減らせるようにミスを繰り返さないラウンドを目指してプレーします。

ラウンドログカードは無料でダウンロードできます

みなさんも是非ラウンドログを取ってみてください。
無料でダウンロードして印刷して使えます。
ダウンロードはこちら

ダウンロード&印刷が面倒な方はAmazonでも買えます。

ではまた。




-ゴルフで100を切る, ゴルフ・ラウンドログカード

Copyright© REBOOT GOLF , 2019 All Rights Reserved.