クラブ別 ゴルフ ギア・グッズ パター

パターグリップをゴルフプライドのものに自分で交換してみた

更新日:

私のエースパター、オデッセイのホワイトアイス#1。
随分とグリップが痛んできたので変えることにしました。

パターグリップを選ぶ

今、話題の太いグリップ、スーパーストロークや手にしっとりと密着する純正グリップも検討しましたが、今回はさらっとしたグリップを選びました。
こちら。

ネットで探すと安いものが探せます。
この値段なら失敗しても大丈夫。
メール便なので送料も安い。
アイアン用のグリップで安いものが見つかったら数本まとめて買っておくことをお勧めします。

グリップ交換の準備

さて、グリップ交換に必要ものがこれら。
グリップカッター、両面テープ、交換液。
どれも高いものではないので揃えておいて損はありません。

パターグリップの交換

まず、古いグリップをカッターで切ってはずします。


古い両面テープもきれいに取り除いておきます。

次に新しいグリップの長さにあわせて両面テープを巻きます。

両面テープの巻き方はいろいろあり、複数回巻くことでグリップを太めに調整したりします。
今回は一重でこんな風に巻きました。
グリップエンドはシャフトの穴を塞ぐように処理します。
そうすると砂などが入りません。
さて、これからが最大のクライマックスです。
交換液を両面テープに吹きかけます。
グリップの穴にもたっぷりと吹き入れます。
ここがコツなんですが、たっぷりと吹き入れて穴を押さえ上下に振り、グリップ内部にまんべんなく行き渡らせます。
ここで交換液をケチるとシャフトに差し込んだときに途中で止まったりして、失敗の原因となります。
私はこれで2回は失敗してますからハイ。
余った交換液を捨て、シャフトにグリップを差し込みます。
あわてる必要はありませんが、手早くやりましょう。
一番奥まで差し込んだら、グリップの印とパターのフェイス面をあわせるように角度を調整します。
今回は若干クローズ目に調整しました。
調整ができたら1日くらい置けば完成です。

中古のクラブを買ったときや、交換したグリップが気に入らなかったときでも気軽に交換できるので覚えておいて損はありませんよ。
もちろんドライバーやアイアンも同じように交換できます。




-クラブ別, ゴルフ ギア・グッズ, パター

Copyright© REBOOT GOLF , 2019 All Rights Reserved.