よもやま話 オーダー事例 スコアカードホルダー

スコアカードホルダーの名入れ

投稿日:

またスコアカードホルダーのオーダーを頂きました。
今回は緑、茶、黒と色違いで3つ。
黒革のステッチは赤。黒x赤はカッコイイです。
完成したら写真でご紹介しますね。
さて、スコアカードホルダーのオーダーには必ずといっていいほど名入れの要望がありますが、今回は名入れ作業を少し紹介したいと思います。

名入れの方法

名入れの刻印には、活版印刷で使われていた刻印を使います。
これです。
英数字と記号があります。
刻印
刻印の大きさは縦約6.4mmほどで実際の文字の大きさは大文字のAで約4.5mmです。
この刻印を一つ一つピックアップして並べます。

この例はTiger Woodsです。
揃ったら端をそろえてからマスキングテープで巻いて固定します。
固定できたら、端革で試しに刻印してみます。

この時の端革は同じ種類で同じ厚さの革にすることで、刻印の入り具合が確認できます。
革の種類や厚さによって刻印の入り具合が全く変わってきます。
スペルに間違いがなければ刻印の横幅を図り、中心に印を入れます。

革の位置を慎重に決めて、手動プレス機で圧力をかけます。

この時大事なのが試し押しと同じ圧力、時間でやることです。

綺麗に刻印が入りました。
刻印は名前やイニシャルだけではなく好きなフレーズや愛称、所属のクラブ名などが可能です。
文章など文字数の多いものはできませんが、行を変えるなどすれば可能かもしれませんので、ご相談ください。
本革製スコアカードホルダー名入れ

名入れの刻印は意外に手間のかかる作業で、失敗は許されませんから結構気を使う大変な作業なんですよ。

オリジナルの刻印

まだオーダーはありませんが、オリジナルの刻印を作ることもできます。
ゴルフ場や自社ブランドなどの各種ロゴマーク、大きさも自由に作ることも可能ですのでご相談ください。

因みにタイガーからのオーダーはまだありません。>_<




-よもやま話, オーダー事例, スコアカードホルダー

Copyright© REBOOT GOLF , 2019 All Rights Reserved.