ドライバー

ティーショットでOBを無くすにはドライバーを短く持って70%でスイングするといいよ

更新日:

ドライバーがずっと苦手でした。
ドライバーの長さと重心距離でどうも気持ちよく振り抜けないのです。
しかも、飛距離が出ないものですから余計に力が入ったりして、ボールは左右に暴れOBも良く打ちました。

なので、ミニドライバーなるものに頼ったり。(笑)
ドライバーが苦手な人に朗報!?テーラーメイド エアロバーナー ミニドライバーを買ってみた【ティーショットの飛距離を伸ばす】

そんなワタシがドライバーを得意とまではならずとも、プレッシャーを感じずにショットできるようになった方法がこれです。

「ドライバーを指2本分短く持って70%の力でスイングする」

これを忠実に守ることで、フェアウェイキープ率を上げOB発生率を下げました。

スイング時の力みがOBの原因

ティーショットでOBを出してしまう主な原因は力みです。
この力みを発生させる原因は様々なものがあります。

緊張や焦り、飛距離へのプレッシャーなど。
先に打った同伴者がめちゃめちゃ飛ばしていたとかね。

そんな中でフルスイングすればスイングが乱れて当たり前。
そしてOB、チョロ、ダフリ。
クラブヘッドはいつものスイング軌道を外れて残念な結果になるわけです。

でも原因が分かれば解決方法もわかります。

力みが原因なら、力まないスイングをすればいいだけです。
緊張や焦り、飛距離へのプレッシャーを感じずにスイングすればいいのです。

それが、「ドライバーを短く持って70%の力でスイングする」なのです。
では解説していきましょう。

ドライバーを短く持つ

ドライバーを指2本~3本分くらい短くグリップします。
最初は違和感あるかもしれませんが、すぐに慣れますので心配しないでください。
短く持つことで振り遅れを防ぎミート率を上げることができます。

ミート率

一番下の数字がミート率。

70%の力でスイングする

70%スイングはフルスイングに比べ体のコントロールがききます。
つまりフルスイングより思ったスイングできる確率が高くなるのです。

70%スイングなら飛ばしてやれ!という気持ちにもならずに冷静にスイングでき、例えミスがあったとしても原因を探りやすいのもメリットです。

フルスイングを勘違いしていないか

ちょっと話はそれますが「フルスイング」というと力いっぱいのスイングと思っていませんか?
フルスイングは力いっぱいのスイング(マン振り)ではありません。
フルスイングとは自分のコントロールできる範囲の中で上限のスイングなのです。
プロゴルファーのスイングを見ていると力いっぱいのスイングに見えますが、実はコントロールされた中でのスイングでショットしています。

70%スイングの練習の仕方

いきなりラウンドで70%スイングをやれって言ってもなかなかできませんので、まずは練習です。

練習場で体をほぐし温まったら、マン振りつまり100%の力で何球か打ってください。
球の方向などは全く気にしなくていいです。
体感として100%のスイングを感じてください。
次にフルショット、いつもラウンドでのショットを数球してみてください。
力加減でいえば90%くらいでしょうか。

そして70%の力でショットしてみましょう。

どうでしょう?
70%の力でのショットは簡単に思えませんか?

さらに数十球から数百球打ってみてください。
フルショットと比べるとスイング自体も冷静に振れていると感じるはずです。

フルスイング時は飛ばしてやれ!と思いますが、70%スイングでは飛ばないことが分かっていますので、落ち着いて振れて自分のスイングも冷静に分析できるはずです。

練習場ではマン振りやフルスイングを中心にして、その合間に70%スイングを練習します。
なぜなら70%スイングばかりしていたら、それがフルスイングになってしまいますから。笑

テイクバックやダウンスイングもフルスイング時よりゆっくりになると思います。

飛距離は落ちる?

70%スイングの心配はやっぱり飛距離です。

確かにフルショットと比べると多少飛距離は落ちますが、思ったより落ちませんというのが私の実感です。
飛距離が変わらないというのは、ドライバーを短く持つことでミート率が上がったり、リストに余分な力が入らず柔らかく使えるからかなと想像しています。

70%スイングのメリットとデメリット

メリットはティーショットでOBしにくくなること。
くわえて方向性が良くなるのでFWキープ率が高くなり、ラフでも次が狙えない位置にあることが少なくなり、結果平均スコアが良くなる。
また、ドライバーの苦手意識がなくなるので安心してティーショットできます。

あとはOBを道具のせいにすることがないので、ドライバー選びで悩まなくてすみます。

デメリットは飛距離が若干落ちるのとマン振りして当たったときの快感は無くなります。

70%スイングの次

70%スイングの次は75%スイングです。笑

70%スイングに慣れたら徐々に力加減を増していき、グリップも少しずつ長めに持ちます。
最終的にはフルスイングへ持っていくのですが、力加減を増していくうちにまたOBを打ったりスイングの調子が悪くなったりします。

そんな時はまた70%スイングに戻してください。
すぐに調子も戻るでしょう。
それも70%スイングの良さです。

では、あなたのスコアアップを祈っております。




-ドライバー

Copyright© REBOOT GOLF , 2019 All Rights Reserved.