ゴルフ100切りに活用できるドローン動画

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、運営する国内最大級のゴルフ場予約サイト「楽天GORA」において、本日4月14日(火)より、同サイトに参画する国内外ゴルフ場のコース映像を無料で閲覧できるサービス「ドローンギャラリー」の提供を開始しました。

ドローンギャラリー https://gora.golf.rakuten.co.jp/doc/guide/drone/

楽天会員でなくても(私は楽天会員ですが)無料で見られるというので早速、見てみましょう。

折角なのでラウンドしたことのあるゴルフ場をリストの中から選んでみます。
当時のラウンドしたときの記憶やスコアカード、ラウンドを記録したラウンドログカードを見ながら見ると面白いです。
ドローン動画を見ていると、ここのPar3でグリーン外したけど、9番アイアンでチップインバーディー取れたんだっけとか。
このホールのすごいラフにつかまって、出すだけしかできなかったなぁとか。

でもせっかくなら100切りに活かしてみましょう。

ドローン動画で100切りの予習

ラウンドが決まったらドローン動画が公開されているか見てみましょう。
今は千葉県、兵庫県、ハワイの一部の限られたゴルフ場だけしかありませんが、順次拡大していくみたいなので、ラウンドがきまったらチェックしてみるといいですね。

さて、ゴルフ場ドローン動画はレイアウト図だけではわからない情報が結構あります。

ティーインググランドからみたコースの雰囲気やバンカーの深さ、コース外の状態、起伏などラウンドする前に何度も見ておくことをお勧めします。
打ち上げのホールだったりブラインドがあったり。
いざティーショットになって見慣れている景色なら緊張も和らぐはずです。

100切りにあたり事前にチェックしておくこと

顎の高いバンカーや、入れたら出しにくそうなところなど、とにかく危険そうなところをピックアップしておきます。

その予習情報から危険なところを徹底的に避けます。
深いガードバンカーがあるグリーンは成功率の低いショットでは狙わないなど。

残り180yでグリーン手前に深いガードバンカーがあるとします。
そんなときはバンカーに届かない距離、例えば140y打って次のアプローチでグリーンに乗せるようにします。

100切りレベルのゴルファーならグリーンまで180yを乗せられる確率は限りなく低く、しかも手前にバンカーがあるなら尚更です。

100切りできないゴルファーの攻め方

第二打。
グリーンまで180yを果敢に挑戦して7Wでショット。
当たりは悪くなかったが顎の高いガードバンカーへ。
バンカーが1回では出ずに2回目のショットはホームラン、グリーン奥へ。
グリーン奥からのアプローチは寄らずに2パットでホールアウト。
計7打、トリプルボギー。

100切りできるゴルファーの攻め方

第二打。
180y先のグリーンを狙うのはバンカーもあり危険と考え、狙う方向もバンカー方向からずらして7Iでショット。
ショットはまずまず、バンカー手前右のラフへ。
残り50yを難なくグリーンに乗せて2パットでホールアウト。
計5打のボギー。

どうでしょうか。
よくある場面を100切りできる、100切りできないゴルファー別に描いてみました。
危険な場所を回避しただけで2打も違ってきます。
そしてその2打のミスはまず取り返すことができません。

顎の高いガードバンカーに入れるというミスをした100切りできないゴルファー。
ミスは次のミスを誘発しやすいということを覚えておきましょう。
ましてや100切りできないゴルファーの技術なんてたかが知れています。
ミスにミスを重ねないように予め危険な場所はなるべく回避するのです。

ドローン動画で100切りの復習

予習の次は復習です。

実際にラウンドした後にスコアカードやラウンドログカードを見ながらドローン動画を見てください。

特にミスしたホールを見てください。
何故ミスしたのか。
ミスの原因は何か。
ショットの技術か考え方か。
どうすればミスしなかったのか。
次に同じ場面ならどうすべきか。
また、どう練習したらミスを防げるのか。

ラウンドを記録して反省すると意外な事実が分かったりします。
ラウンドの一打一打を記録できる、ラウンドログカードおすすめです。

ゴルフ100切り
ラウンドを記録したら5打以上縮まる可能性が!

先日、箱根湯の花ゴルフ場にてコンペに参加してきました。 このゴルフ場、2回ほどラウンドしたことがあるんですが、距離は短いので良いスコアがでるかと思いきやグリーンやグリーン周りが難しいので、なかなか思い ...

ドローン動画でゴルフ100切りに生せることのまとめ

ラウンド前の予習

  • 顎の高いバンカーや池、OBエリアなど危険個所の確認
  • ティーイングエリアからの見た目(雰囲気)の確認
  • 各ホール、ティーイングエリアからの狙いどころの確認

ラウンド後の復習

  • ラウンドのミスの確認

ゴルフ100切りではこちらの記事も読まれています。

ゴルフ100切り
ティーショットは「フェアウェイを狙え」は間違いだった。

猛暑の中、ホームコースの月例競技に参加してきました。 この日の月例はクラス別でなく、年齢別だったのでワタシ以外のお三方はいづれも初めて一緒に回る方でみなAクラス。 しかも、その中の一人は今年のクラブチ ...




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REBOOT GOLF

REBOOT GOLF代表。 スコアカードホルダー制作の他、ゴルフが上達するスコアカードを販売しています。

-お知らせ, ゴルフで100切り, ニュース

© 2020 REBOOT GOLF