スコアカードホルダーの修理依頼

先日、スコアカードホルダーの修理依頼のメールがありました。
修理箇所はペンホルダー部。
グラグラになっているとの事。
ペンホルダーは負荷がかかりやすい箇所ですので傷みが出やすい箇所です。

早速、送ってもらい修理箇所を見てみます。
こちら。

ペンホルダーの右上のところが切れていて、力をかけるとゆるゆると動いてしまいます。

実はこれ、本体とペンホルダーを接着した時に段差が大きくなるのを嫌ってペンホルダーを極力薄くしたことで丈夫さが失われてしまったためなんです。

では、修理に入ります。
まずはペンホルダー部の糸をほどいてペンホルダーを取り外します。
手縫いのため縫い糸をほどくのも面倒な作業です。

新しいペンホルダーを接着します。

明るい緑になっているところが新しいペンホルダーです。

接着したらこんどは縫っていきます。

しっかり縫えました。
が、本体とペンホルダーの端があっていませんのでやすりや染料などを使い調整します。

はい、キレイに調整できました。

この修理を依頼頂いたスコアカードホルダーはよく使いこまれていて、コバも随分と荒れていましたので一通り調整してキレイにしておきました。

一度、お客様の手に渡り使われたスコアカードホルダーはなかなか見る機会がありませんでした。
今回の修理では使いこまれた様子がうかがわれ、非常にうれしく思いました。
末長くゴルフのお供につかっていただけたらと思います。

今回の修理は保証期間内でしたが、今回のように構造上弱かったりする箇所は保証期間外でも対応いたしますので、まずはご相談ください。

いつもの通り、スコアカードホルダーは在庫が少ない状態です。
制作しては出品すると売れてしまいます。
生産体制を強化したいのですが中々一人では無理がありますね。
欲しい色のスコアカードホルダーが在庫切れの際には、カラーオーダーしてください。
価格は同じですから。




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REBOOT GOLF

REBOOT GOLF代表。 スコアカードホルダー制作の他、ゴルフが上達するスコアカードを販売しています。

-よもやま話, スコアカードホルダー, 制作について

© 2021 REBOOT GOLF